メリット

リフォームや建て替えのメリット

住宅が古くなってきた場合、リフォームをするか、それとも建て替えをするべきかを迷うこともあります。 そこで、それぞれのメリットを見ていきましょう。 まず、リフォームのメリットは、建て替えよりは安くできるということです。たとえ全面リフォームをする場合でも建て替えよりは500万円は安くすることができるのです。ただし、フルリフォームでも豪華な作りにする場合は建て替えのほうが安くなることもあるので注意が必要です。 これに対して、建て替えのメリットは建物の間取りを自由自在に変更することができるということです。建蔽率、容積率の範囲内であればどのように建築したとしても何ら問題はありません。 また、新耐震基準になった1981年6月以前の住宅であればリフォームをするよりも建て替えをしたほうがお金はかかりません。

それぞれのデメリットについて

リフォームや建て替えのデメリットについても知っておきましょう。 リフォームのデメリットについては、建物の間取りを変更するのが容易ではないことです。限られた範囲内で行う場合は仕方のないことです。 また、1981年6月より前に建てられた住宅に関しては、耐震補強もしないと震度7の揺れには耐えられない可能性も高いため、リフォームをする場合には耐震補強の分だけ高くなってしまうのです。 これに対して、建て替えのデメリットは、リフォームに比べると、その費用が高くなってしまうことが多い点です。 また、住まいを引っ越ししなければならないため、と一時的に賃貸住宅に住む必要があるためその分費用がどうしても高くなってしまうのです。

新着情報

悩みを解消

窓ガラスによって、住宅に関する悩みが増えます。日焼け、暑さや寒さ、虫…。これらの悩みというのは、コーティングによって解消されます。ここではコーティングによるメリットを紹介します。

続きを読む

再び使用する

家具というのは使用していなくても置いているだけで劣化していきます。劣化していくことで使えなくなってしまうこともあります。最近では家具修理の業者が存在していますので再び快適に使用することが出来るようになります。

続きを読む

おすすめリンク

突然の故障

洗濯機が突然故障することも珍しくありません。多くの場合は経年劣化であることが多いですが、専門の修理業者に依頼することによって元の状態へ戻してもらうことが出来ます。

続きを読む

24時間対応している

スイッチが故障すると電気も使用できないので不便であると言えます。このような場合は24時間対応を行なってくれるところを見つけておくと安心です。夜間になると料金は変わってしまいますが、迅速な対応であることで多くの人から人気を集めています。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加